「認知症ケアの医療介護連携体制の構築事業」(継続)について

当センタ―では、三重県医師会との共同事業として「認知症ケアの医療介護連携体制の構築事業」(平成26年度~28年度)を実施し「脳の健康 みえる手帳」の普及活動を行い、病診連携・医福連携の強化に取り組んでまいりました。平成29年度~30年度も継続となりますので、ご活用ください。

 

◆事業期間:平成29~30年度

 

◆目  的:認知症の早期診断・早期介入を促進

       病診連携・医福連携の促進

       ①「脳の健康 みえる手帳」の普及啓発

       ②認知症ITスクリーニングを使用し、脳機能評評価を行う

       ③地域包括支援センターや初期集中支援チームへの協力や多職種検討会のサポート

 

◆活動地域:桑名市、木曽岬町

      四日市市、菰野町、朝日町、川越町

      鈴鹿市、津市、伊勢市、玉城町

      松阪市、明和町、大台町、多気町

連携パス推進員の活用について

「脳の健康スクリーニング」主治医連絡票について

 ご自由にダウンロードしてください。


主治医連絡票.pdf
PDFファイル 107.9 KB

「認知症ケアの医療介護連携体制の構築事業(平成26年度~27年度)」 実績報告

27年度実績報告(HP2).pdf
PDFファイル 712.8 KB

「認知症ケアの医療介護連携体制の構築事業(平成28年度)」実績報告

28年度実績報告(HP).pdf
PDFファイル 369.3 KB

ご自由にダウンロードしてください。

ご自由にダウンロードしてください。

「脳の健康みえる手帳」紹介先一覧 (2017年第2版).pdf
PDFファイル 705.9 KB